ロゴ
HOME>特集>私立大学を選択する前にチェック!学費を把握しておこう

私立大学を選択する前にチェック!学費を把握しておこう

勉強道具

私立大学でかかる費用

国公立大学に比べると、私立大学はセンター試験を受けずに試験を受けられるところもあり、進学しやすい学校といえます。しかし、その学費は国公立大学より3倍から5倍ほどかかってきます。国公立大学年間の平均的な学費は30万円から50万円、医学部や薬学部となれば80万円ほどといわれています。そして私立大学となれば年間が100万円から120万円、医学部や薬学部となれば150万円から200万円以上となります。4年通うこととなれば400万円以上となり、その負担は大きくなります。しかしそれだけ大きな金額を支払うだけ、私立大学のカリキュラムには魅力あるものがそろっていることもあります。特にスポーツをしている人には良い環境を整えてくれているところが多くあります。

先生と生徒

支払い時期は把握しておこう

良い環境設備が整えられていることから、始めから私立大学を選択して受験を受ける人も増えています。学費は大きな負担がかかる金額ではありますが、もし負担を軽減させたいのであれば、奨学金など負担をサポートしてくれる設備が用意されていることがありますし、大学以外にも研究論文を提出し、その論文が認められれば学費を免除させてくれる施設もあります。数百万円の負担は、すべての家庭で賄えるものではないかもしれません。そのためにも、サポートを知ることも大切です。学費の支払期限は、受験に合格してから数日後といわれています。合格するまで支払いについて調べない人もいます。しかし、支払期限は意外と長くありませんから、合格を知る前に事前に知ることが大切です。